成人式からの…

新成人の皆様

この度はおめでとうございました。

わたくしごとではありますが

昨日 娘が無事成人式を迎える事が出来ました。

なんていうか…

女の子って てぇへんだっていうこと。

時間もお金も…泣

お恥ずかしいですがこんな感じでした。

仲良しのパライソさんでヘアー、着付けをお願いしました。

大親友のやっこちゃんとお母様が

手際よく着付けていく姿に惚れ惚れ。

髪飾りは

ひらら の 綾ちゃんにブリザードフラワーで

アレンジを作って頂きました。

着物に合わせてやや深みのある赤をグリーンで締めて。

着物は

35年前に主人のお姉さんが成人式で着たものを借りました。

レトロなこの着物にズキューンと一目惚れの姉さん。

晴れの日に

お世話になった人たちが 一生懸命作り上げて下さって

母も感無量でした。

成人式って 迎える本人よりも

もしかしたら

迎える本人の親の方が

満足してしまうセレモニーなのかなぁと。

う〜んと幼い頃から顔馴染みの

お嬢ちゃんや僕ちゃんたちが

ぎこちなくも

艶やかな装いで楽しげに振る舞う姿に

ただただ目を細めるばかり。

あの子もこの子もこんなになっちゃってが止まりません。

月日は流れても

やっぱりみんな可愛かったです。

この晴れの日を迎えるまで

それぞれの場所で

必死に何かと向き合って来たんだろうなと思うと

勝手に熱いものが込み上げてきましたね。

その後成人姉さんは

散々写真を撮りまくったにもかかわらず

友達とプリクラを撮りに行き

二次会へ流れ

さらには三次会へと続き…

夢のようにちやほやされた昨日とは打って変わり

今朝パンパンで起きてきたアイツは

もうただの人…

そう。

終わっちまえばしばらくの間ただの人。

その現実を叩きつけられた姉さんは

キャリーバッグを引いて

ドナドナ、と帰って行きましたとさ。

3年後は次女の番。

そもそも着物を着てじっとしていられるのか?

二十歳になっても母の心配事は尽きませんが

とりあえず一丁上がりっていう事で

なんかご褒美に美味しい物でも食べに行きたいな。