タイトル買い

展示会の度

品川駅のとある本屋さんに必ず立ち寄って

本を一冊買います。

家に帰るまでに読み切れるくらいのヤツを。

パッと目について タイトル買い。

重々しい内容ではなく

とってもシンプル。

難しい言葉じゃなく

とっても心地良い。

洗脳的な本は好きではないので

サラ〜っと流して読もうと思っていたのに

もう何回も読み返している。

年齢も環境も関係なく

日々の自分にス〜っと染み渡るような

そんな一冊です。

いつも買ってしまうのは

どこかドロッとした

頭の中がおかしくなりそうな内容ばかりなので

なんだか老廃物がスッキリした感じ。

どんな本を読んでんだ、ですね。

たまにはこういうのもいいですね。