次女 18歳に。

uta がオープンした時 まだ1歳と6ヶ月だった次女。

今日 18歳の誕生日を迎えました。

アンパンマンのケーキをリクエストしてくる辺りが憎い。

注文したところで ロウソクを18本頼む事が照れくさい。

なので

頑張ってこのクオリティ…

「ボクのをお食べ」

カバオくんにパンを分けてあげた後バージョン。

こんな感じで誕生日を祝ったわけです。

最近はあまりお店に顔を出しませんが

今日に至るまで たくさんの方々に可愛がって頂きました。

ボクちゃんボクちゃんと呼ばれ続けた幼少期。

それを否定しない親…

人見知りが激しく

話しかけても 目をそらす。

入園式は 始めから終わりまで泣きわめき

ずっと私にしがみつき離れない。

生活発表会では 歌わず、踊らず、動かず。

運動会では 不安そうにずっと下を向いて

やっぱり踊らず…

みんなが楽しそうに 同じ事をしているのに

1人だけ何にもやらずにへの字に口をつむって立ってる姿を見て

逆にすごくね?と思い始める母。

それも結構度胸いるよね、と思えばけっこう楽しめたのです。

おかげで思い出のムービーは少ないけど

成長していく過程はとても明確で

今では

たくさん食べて たくさん歌って 踊って たくさんたくさん笑う子になりました。

親だけではとても難しいもんです。

一緒に娘を育ててくれた全ての人に感謝します。

まだまだ人生これから!

すり傷いっぱい作りながらたくましく生きて欲しいです。

誕生日の前夜祭は2人でデート。

たまにはおめかししてのお食事も良いよね。